So-net無料ブログ作成
検索選択
アウトドア ブログトップ
前の1件 | -

久しぶり!好調なる週末 ヤク中毒からの開放 旭高原元気村 [アウトドア]

 前記事の通り、カタクチイワシも77尾釣り上げるとケッコウな量であり、一律に刺身としたところで到底喰いきれないため、アンチョビ化を目指しこれらを先ずは塩漬けとしてみた。これから一か月ほど冷蔵庫で寝かせ、魚醤の排出を待つことにする。そんな週末の土曜日を過した結果、ホント久しぶりにクスリ服用なしで気分よく過すことができ、安堵している。なにしろこの頃の落ち込みは酷かったため、ある意味で天国へでも登るかのような気分となった。

 
翌日曜日は所用のついでにデイキャンプでBBQという趣向にハマった。出撃先は豊田市の旭高原、地元県内?にも関わらず、こちら方面へは初めての登場である。名古屋から猿投グリーンロードを走破し、香嵐渓至近を経由してから細い山道に入り、しばらく進むと目的地の元気村がある。しかし…今日は雨降りの予報、これでは元気村でも元気が出ないけど…まぁそんな中で可能な範囲のデイキャンプとは何ぞや?というアタリを探ってみるとした。

130519 旭高原元気村 (1).JPG


  当地のファミリーバーベキューという施設を事前に電話予約したが、当日までには計10サイトすべて満席となった様子。皆さん、雨の予報でドー過されるのだろうか。サイトはウッドデッキ仕様、幸いにもイス・テーブル付きのテント付きなので、おおよそ食材のみの持ち込み、もしくは事前発注しておけばOKという手軽さなので軽装で済む。ちなみにクルマの運転があるからアルコールはご法度。代わりにノンアルコールビールを数種準備して飲み比べしてみようという企てもある。

130519 旭高原元気村 (2).JPG


  現地到着午前10時、管理棟で受付を済ませると駐車札をいただいた。これによりバーベキューサイト至近にある専用駐車場を使用できるという。荷物運びの都合、これは誠に有難い。サイトは小奇麗であり、それぞれ独立しているので小グループで楽しむにはベストと思われる。先ずは火起こし、ここで登場するのが火起こし器。毎度お世話になっているが、ただ放置しておけば勝手に火種が完成するので極便利である。火起こし器の威力は凄まじい。

130519 旭高原元気村 (3).JPG


  そしてお肉をジュージュー、その焼き音が林間の雰囲気と相まって、ホント…バーベキューしているゾ!という実感を味わう事が出来る。

130519 旭高原元気村 (4).JPG


  もっともソーコー歳をとってくると、お肉よりも野菜の美味さに引き寄せられる勢いが強く、あわせて満足至極なお食事となった。ちなみにビールテイストの結果、SU社は定番のお味、A社はドライが抜けた?もう一本のSA社は飲みきれず…お持ち帰りと相成る。最後はいつもの焼きマシュマロをイキマス!

130519 旭高原元気村 (5).JPG


  当地はコンロ、鉄板、トングに炭など主要品はすべて貸出しのシステム、専用駐車場も用意され、みな料金込みなので、イヤラシクもオトクな実感を味わえた。デイキャンプの他にも楽しみ方は多くあるようだが、本日所用のため早めに撤収。すると途端に雨が降りだした。新緑の林の中、息抜きがてら美味しいものを食べ、シアワセを十分感じ取れた後だったので、実にラッキー!の一言に尽きる。

130519 旭高原元気村 (6).JPG


  したがって2日連続、クスリ服用なしで気分よく過すことができたのであった。谷からの脱出?このペースを維持してこれからも過したい。ただし…調子が良くなるとついつい無理してハメを外す性格なので…塩梅良く生きていくには…まだまだ覚悟が必要だ。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康
前の1件 | - アウトドア ブログトップ