So-net無料ブログ作成
検索選択

床屋 [日常]

勢いづいた今年の仕事初めは、調子良さげと思いきや、実際は勢い過ぎて上へ下へと大騒ぎで走り回わる始末…これでは身が持たない。定時定量のクスリ服用もママならず、勝手な思い込みが続けざまに不幸を招く。おおらかな気持ちで居ようにもイラつくばかりで…次の瞬間に訪れるかもしれない不調恐怖との闘いの日々となった。

ヤバイなぁ〜。忙しいのは幸せの証なのかもしれないが、変化に弱い体質…なので少しでもフラつきそうになったら休むしかない。昔はそうではなかったのになぁ〜。変化これ即ち興味津々、ヤル気の源だった。あの頃のキモチを取り戻したい。苦面な態度でウロウロしていたら髪がボサボサだよ〜って山の神がおっしゃるし、ポチポチ床屋さんへ行くか。

ところが…40年来通い続けた床屋さんは先日廃業、心地良い居場所だったのにまこと残念だ。さてドーするか、また変化に耐えなければならないのか。そーこー思案していたら10分カットなる床屋さんを発見、トライしてみることにした。10分…なんて理髪店では考えられないが…店内は小綺麗でスタッフの挨拶も好印象、「お荷物はコチラヘ」なんて気配りもハマっており意外な展開である。

ショッピングモールの中、山の神は別途で買物。「自然なカンジで3割から4割くらいカットして下さい。」ド近眼なので散髪中はメガネを外す。鏡の中の様子は確認できず、ひたすらジッと身を動かさずに居座るだけ。

ハサミの動きはゆっくりめ?ケッコウ慎重派なのかスタッフさん。が突然バリカンの音!自然なカンジって…まさか刈り上げるのか!と思ったら上から下へと刈り下げる気配。どうやら裾を揃えているようだ。安堵するとコレがまたレシプロ機の爆音のようで心地よい。最後は掃除機?で吸い取るが、シャシャシャシャっとナニやらSLの蒸気音みたいでよろしい。

IMG_1925.JPG
信じられないくらいの短時間で散髪が終了。仕上りスタイルリクエスト通りで問題なし。結局のところ為せば…成る、10分カット、ケッコウ気に入ってしまった。自分は案外と単純なのかもしれませんワ。過去にスガるとロクな未来はないかも。もう終わっちゃったの?とは山の神の弁。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康