So-net無料ブログ作成
検索選択

刈り上げクン [うつ気分]

辛い時…クスリを飲むと快方に向かうとは…やはり自分はビョーキなのだと再認識させられる。どんな病でもそうだろうが、健康な時にはやおら気付かず、チョイとヘンだなと思い巡らし、そう言えばとクスリに手を出すと…あれまぁ、復活するじゃん。この手のビョーキでは…コレってホントに嫌になるね。

たとえ一時、折角クスリで好転しても罵声激しいミーティングなど整えば、ディベート力の弱い自分としては単なる言い争いになるばかり…その果ては落ち込み落ち込み…復活するまでどーしようも無い日々が続く。いわゆる谷底の状態だ。竿を出してもつまらない、ヒコーキ見てもつまらない、電車に揺られてもつまらない、何をやっても気を良く出来る事なし。

コレって決して他人のせいでは無いのだよなぁ。だから正直なところ、ロンよりツモりたいのココロ。ちょうどヒマもあり、暑さしのぎに薄毛のロン毛でも散髪しようと、ここ三十年来行きつけの床屋さんへ行ってみた。真夏のこの時期、野球中継の民放ラジオがガンガンに響き渡る店内であるのだが、今シーズンは御ひいき最下位のため?か…「シバの女王」とか「美しき青きドナウ」なんて聞きなれないBGMが流れているけど…マスター大丈夫かいなぁ。

まぁ大丈夫じゃあないのは自分なので、ここは一発、普段のロン毛スタイルを一新してショートにとリクエストすると、「ええっ、刈り上げですか?◯◯さんには絶対似合いませんよ!」って…マスター曰く、薄毛の柔らか質では地肌が余計に目立ってしまい、刈り上げても髪が立たず、カッコよくないとの事だ。10分間ほどあーだこーだとダメ出し説得されたが、あれこれハナシが長いので刈り上げショートにする!と自ら宣言してと…

刈り上げなんて小学生以来だし、学生時代は肩までロン毛の見苦しい形、その後は耳被りの長めスタイル。そのスタイルを同じ床屋さんで三十年来続けてきたワケだから、マスターもかなりビビっているみたい。「覚悟はよろしいですね!切りますよ!」って大袈裟な。ド近眼なので散髪の途中経過を観察することは出来なかったが、結果裾から八分上まで刈り上げて…ンっ?ナゼか違和感なし。チョイ悪ジジイ風でもあり、なかなかイイじゃん。その横で言い訳?マスター、暫く様子見してみたらヨロシイと必死。いいンですよ、不調な今こそ変貌のチャンス、吉と出るか…楽しみです。

気分回復をやや果たしたところで、米国へ旅立つMRJを見送りに久しぶり、NKMへ登場する。RWY34へタキシーするP殿からはお手振りを頂き、多くのギャラリーと共に成功を祈る中、無事離陸して行きました。

160828 MRJ 01.JPG160828 MRJ 02.JPG

多少関わりあるヒコーキ屋の自分としても誇らしい。これもまた変貌のチャンスだ…と…なに〜ぃ!RTBだと? 完成までには山谷あり、我も気を付けてイカなくてはヤバイかいな。何事も慎重にやることが正道ですわ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。