So-net無料ブログ作成
検索選択

気晴らし…名古屋港海釣り公園 [釣り]

 前記事の信州から帰還した。家族からは煙たがられている我が趣味群なので、いざ家族旅行にそれらを組み入れると、たちまちブーイングの嵐となる。美味い食事は頂けたものの、せっかくの遠出も今回はイマ一つ燃焼不足。せめて山並みバックに松本空港へとアプローチ旋回するFDA機でも目撃したかったし、松本電鉄に乗って新島々まで撮り鉄でも

 
帰還翌日の午後、チャンスを見つけて出撃、いざウサ晴らし、いや気晴らし、目指すはお手軽!名古屋港海釣り公園、今日は潮回りもよろしい感じである。日曜日にもかかわらず、やはり酷暑の影響か人出は少ない様子…。こちらも飲料用の氷水2リットルほど持参して暑さに備える。

名古屋港海釣り公園 夏風景(1).jpg


  旅行あがりの体力低下?にも気づかい、ポイントまでの移動距離は控え目にしてケーソン10番あたりで支度を始める。目標はサッパ50尾、ただし体長概ね15cm未満はリリースとしたい。目的はもちろん酒の肴の確保であるが、サッパの酢漬けはかなり極めた感があるので、今回はアンチョビ素材としてキープするつもりである。

名古屋港海釣り公園 夏風景(2).jpg


  モチ論そりゃあ~未知なる大物、もしくはアジ・サバ・イワシなんか爆釣できれば願ったり叶ったりだが、約束された釣りは無し、今回は気晴らしが主旨なのでサッパ君には失礼だが気軽な魚釣りに興じる…そー念じる事とした。ただし予想外の釣りもまたアリなので…期待はいくらでも膨らむ。

名古屋港海釣り公園 夏風景(3).jpg


  名古屋港海釣り公園、内港側のサビキ釣り、夕マズメ日没前にも係わらず陽の陰りが色濃くなるとアタリが細くなった前回の経験から、打ち止め午後6時と決め。サビキを置き竿に、かつ保険でブッコミも準備してみた。時合までまだ間があろうかと冷凍ブロックの解凍に努めていると、コマセも無いのにブルブルと早速アタリあり、本日も先ずはオデコ免れた。上がって来たのはサッパ、それも期待通りのカタでありヨロシイ。

名古屋港海釣り公園 サッパ(1).jpg


  ブロックの解凍に思いほか時間が掛かったが、サッパの方はコマセ無しでいくらでも上がって来る状態、ナンじゃコリャ~、いわゆるサッパ祭りである。小さめなヤツは即リリースしつつ、サビキのアタリを素直に楽しむことに専念する。時折カタの良い連中が一荷で掛かるとソレナリに引きも強く、リールのドラックがジージーと悲鳴を上げる喜びも…。

名古屋港海釣り公園 サッパ(2).jpg


  さてブッコミの釣果の方は…イマイチ…先ずは初めてのハゼ、なかなかカワイイやつ。スレではあるがワタリガニのオマケも付いた。一方、隣の方はナント尺クラスのコショウダイ?をあげているし…こんなポイントで尺クラス?とは羨ましい…今日はサッパに専念すべきか…。いつものチビセイゴも数上がり、前回の魚体よりさらに大きくなった様子が判った、これからも楽しみだ。

名古屋港海釣り公園 ハゼ.jpg
名古屋港海釣り公園 ワタリガニ.jpg
名古屋港海釣り公園 ちびセイゴ.jpg


  潮回りが違うためか今日の内港側は前回と違い、陽の陰りが強くなってもサビキのアタリは続いた。タナは底でも上層でも同じ様子だったが、底の方がカタのよいサッパ、もしくはチビセイゴに出会える機会が多かった。

名古屋港海釣り公園 夏風景(5).jpg


 本日釣果は目標を達成!よいウサ晴らし…いやいや気晴らしとなった。さっそく夜なべしてアンチョビ仕込みの塩漬けを完了させると相成るワケだが、意外と数が多いゾ!深夜の仕込みでちょっと苦労を伴うが、熟成後の味が楽しみである。




nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 2

quis

私も、休職、復職を経て、何とか生きながらえております。とてもすてきなブログですね。趣味が同じなようで、楽しみながら読ませていただきました。今日は年休をとって釣り場探しに行ってきました。
by quis (2012-08-06 19:20) 

Hiroパパ

quisさん、コメント頂きありがとうございます。ヘンな言い方ですが、このビョーキを経験したおかげで、焦らず騒がず元気のよい生活を手に入れることができた?私です。これからも楽しい人生探しを続けようとポチポチ進もうかと日々考えています。勝手極まりないプログで恐縮です。訪問いただき、誠にありがとうございます。

by Hiroパパ (2012-08-08 06:26) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL: