So-net無料ブログ作成

酷暑の小アジ 名古屋港海釣り公園 [釣り]

 高温注意情報とやら発令中のこのごろ、中一日置いて連チャン釣行してきた。前記事では日の出からの釣り、早朝は心地よい陽気だったが午前9時あたりになると暑さに耐えきれず退散を余儀なくされた。この酷暑では日中の釣りなどムリと判断し、今回は午後遅くから日没くらいまでを狙ってみた。時期的にまだ早い?と思われる今年のアジ釣りであるが、サッパ30尾に対し小アジ1尾の割合で釣れた前記事の実績を再度確認するため、シコシコと登場してみたワケ。もっとも前回釣果の貴重な3尾を唐揚げで食したところ、やはり美味かった!というのが正直な動機である。

 
それにこの暑さでは近場で釣りを楽しみたい…無理に遠出してオデコでも食らったら堪ったものではない。強い日差しと暑さの中では、おもわず死んじゃいそう!である。その点ココは屋根みたいな構造から日除けにもなりそうだし、エアコン完備の休憩室もあるし、常夜灯でアジの集魚効果も期待できそう?と勝手にハナマルを付けている。

 午後
遅い時間帯とは言えハンパ無い暑さである。車載の温度計によると気温37℃、土曜日にもかかわらず駐車場のクルマの数は…ヤハリ少ない様子。体力の温存も考慮して基部のケーソン10番辺りで釣行開始とした。いつもならファミリー層で満席となるエリアであるが、この暑さのためか閑散としている。

名古屋港海釣り公園 酷暑の釣り.jpg


  しばらくは時合待ちということでサビキ仕掛けを置き竿にして、自分は日陰で冷たいお茶でも飲む図。暑いことは確かであるが、日影に身を寄せて少々の海風を浴びれば楽できる。ところが日陰に退避するとやおら竿先にアタリが出る始末…結局のところ楽するは二の次、うれしい悲鳴で竿の上げ下げに追われた。

名古屋港海釣り公園 サッパ.jpg


  上がってくるのは…やはりサッパである。前回釣果で酒の肴としては十二分な量を確保してあるので今回はカウントしつつのリリース主体で行く。タナ上層ではサッパが頻繁に食い付いてくるので、なるべく底タナ狙いで攻め続けることに…。しかしサッパサッパサッパ…今日もサッパ祭りである。

名古屋港海釣り公園 サッパ祭り.jpg


  アジは居ず乗らず、アヂィ~ばかりで…。お決まりなのか今日もチビのセイゴが混じるくらいで思うようには行かない。

名古屋港海釣り公園 ちびセイゴ.jpg
名古屋港海釣り公園 日暮れのころ.jpg

  陽はまだ残っていたが午後6時を過ぎるとアタリも無くなってしまった。このころから徐々に人の数も増え、いつもの海釣り公園の様相になって来た。見たところ投げ釣りが主体、ハゼをエサにマゴチ狙いか?誘いを繰り返す常連さんと思われる方も居て興味あったが、獲物が乗るまでは確認できなかった。ハァー、こちらも満足な釣果無いままに…ここで諦め納竿する。

名古屋港海釣り公園 夜の景色.jpg


  暑さは乗り切れたものの、欲と運のバランスが悪いため煮え切れずのココロ。今日もクロダイをぶる下げ歩く釣り人を何人も目撃した。クロってそんなに簡単に釣れるのか?と浮気心も芽生えそう。陽も暮れて、遠くから打上げ花火の音も聞こえるし、夕涼みがてらの釣りも趣よろしいかも。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:健康

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。